蛇口の水漏れ修理の広告は、マイナス?プラス?

マイナスのイメージとプラスのイメージは、反するものですが
ジャンルによってどちらを選択するかで売り上げが大きく変わります。
例えば、蛇口の水漏れ修理の広告を作成するとして、
どちらのイメージを取り上げるべきでしょうか。
答えは、マイナス。
消費者にまず「故障のイメージを覚えて貰い、修理の必要性を認識してもらう」事
が重要なんです。
そもそもこの場合、プラスのイメージが作りづらいという事もありますが。
広告を見る相手の心理を考えることは基本ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です